微細加工工業会

日本の製造業の強みは現場力であり、これを支えているのが地域の中小製造業です。この現場力を最大限に活かし、厳しい国際競争に打ち勝つことができるのが、現在の製造業の技術体系の中で、「空白の技術領域」と言われている「0.001mm~1mm」の領域です。
本工業会は、この“微細加工”領域の素形材分野(素材、切削、金型、塑性加工、表面処理、組み立て、接合、3Dプリンティング、検査等)に強みを持つ企業が中心となり、新たな産業領域を切り拓く活動を行ってまいります。

微細加工工業会について

本工業会が想定する”微細加工“領域


製造業において、作業対象となる物体を「見て」「自由に動かせる」ことは、作業上の必須要件である。逆に言うと対象物が「見えなくて」「自由に動かせない」状況では、通常の加工、組み立て等の製造作業は著しく困難になる。
微細加工領域は、まさにこの通常の「(肉眼で)見て」「自由に動かせる」境界領域に位置する。

微細加工領域

主な活動


  • 会員企業と、大手製造メーカー、大学、研究機関等との情報交流会
  • 大学、研究機関と連携した技術課題コンテスト/微細加工技術コンテストの開催
  • 微細加工分野の展示会等への共同出展
  • 会員企業の情報発信、微細加工産業を支援する設備産業等の企業の情報発信
  • 国内外の業界団体、公的機関との連携による業界支援施策の創出等

イベント開催報告

設立総会 及び 設立祝賀会を開催いたしました。


2018年11月16日(金)、「微細加工工業会設立総会 及び 設立祝賀会」を、富士ソフトアキバプラザにて開催、
約140名の製造業関係者にご参加いただきました。
設立総会では、活動方針や活動計画を発表。 基調講演では、ファナック株式会社 代表取締役会長 兼CEO 稲葉 善治氏をお招きし、
「ファナックの超精密加工機~ロボナノの最新機種について~」をテーマに講演いただきました。
パネルディスカッションでは、微細加工工業会の幹事一同が日本の微細加工技術の展望について意見を交わしました。
設立祝賀会では、経済産業省 中小企業庁 次長 前田 泰宏様、経済産業省 商務・サービスグループ 消費経済企画室長/物流企画室長 伊奈 友子様に
ご来賓賜り、微細加工工業会第一期目を華々しくスタートいたしました。

会員規約

微細加工工業会 会員


微細加工工業会 会員
素形材分野の製造業の経営者、技術者、社員、研究機関の研究者等で本会趣旨に賛同し、本規約に同意する者。

1口12万円/年より会員にご入会いただけます。
5口以上お申し込みの方は特典が受けられますので下記規約・定款・協賛特典に関する資料をご確認ください